妊婦健診(2) さかご

  • 2017.12.29 Friday
  • 17:06

妊婦健診で確認する項目のひとつに、

逆子(さかご)かどうか

があります。

 

     さかご(骨盤位)
       頭位

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「赤ちゃんの向き、今どうなってますか?」

とよく聞かれるのですが、

20週位までは頻繁にグルグル回っているので、

週数が浅い時期には、実はコレ答えにくい質問です。

 

医師にもよりますが、こちらから逆子についてお知らせするのは30週前後からになります。

その間(20週台)はどうかというと、

逆子と知ると不安になる妊婦さんも結構いるので、積極的にはお伝えしていません。

自然に逆子が直るケースが圧倒的に多いですから、放っておいて大丈夫なんです。

妊婦健診の度に頭の位置が入れ替わる子もいます。

予定日近くになって急に逆子になってしまう「困ったちゃん」もいます。

 

最終的に逆子が直らない方も少数ながらいます。

でも、逆子を直す確実な方法って、ないんです。

30週を過ぎればお母さんには逆子体操(胸膝位)を指導しますし、

医療者は「外回転術」という方法を行うこともあります。

だけど、お母さんが頑張っても、医師が頑張っても、直らない時は直りません。

逆に何もしなくても、直るときは直ります。その頻度の方が高いです。

 

             胸膝位(逆子体操)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外回転術とは、無理やり(かつ愛護的に)お腹の外から赤ちゃんのお尻または頭を押して、

逆子を治す方法です。医師が行います。

しかしこれで100%直る訳ではありません。

低頻度ながら、重篤な合併症もあります。

お腹を強く押さなければならないので、

処置中または処置後に赤ちゃんの状態が悪化してしまうことがあります。

胎盤が剥がれ始めてしまう「常位胎盤早期剥離」が起こるのが最悪のケースです。

こうなると、赤ちゃんを助けるために速やかに帝王切開を行わないといけません。

 

妊娠後期になると羊水量も減り、

赤ちゃんも大きくなるので外回転術は成功しにくくなります。

でも30週台前半の早い時期に実施して赤ちゃんの状態が悪化してしまうと、

赤ちゃんが成熟していないにも関わらず急いで赤ちゃんを出してあげなければなりません。

早産児・低出生体重児の場合は新生児集中治療室での治療が必要です。

 

ではいつ頃に外回転術を行うべきか。

早すぎても遅すぎてもいけないので、

36週頃に実施するべきとされています。

 

気を揉んでしまうでしょうけれど、

逆子体操をやってみましょう。

効果としてはおまじない程度かもしれませんが、

帝王切開の入院日に、上手くひっくり返ってくれた赤ちゃんが最近もいましたよ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM